2017年06月05日

アジが安く手にはいれば調理します

めずらしくアジが安く手に入ったので2回調理しました。

先日は、尻手近くの魚魚鮮(ととせん)で小あじ10匹が200円。
一昨日は、近くの富士スーパーの朝市で小さめの小あじ12匹を家内が調達してきました。「あとはよろしく!」

どちらも南蛮漬けしていただきました。

先日の小あじは、三枚におろして、小麦をまぶして焼いたものを、調味料につける。
一昨日のは、内臓を取り除き、頭と尻尾を取り除いて、片栗粉をまぶして180度で揚げたものを調味料につける。

3枚におろすのははっきり言って失敗でした。身があまりとれない。
自分で釣った、釣りたての魚を調理していたころが懐かしい。

続きを読む
posted by aishida2 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アジ調理 | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

しこイワシをから揚げでおいしくいただく

今回は小田原産のしこイワシの調理をご紹介。
近所のフジスーパーで本体価格158円で販売。まだ夕方早かったので10パック近くありました。
このスーパーさんの勇気には感動します。しこイワシを調理しようとするひとは少ないかも?
P1060277.JPG
わたしは買いました。目がキラキラして新鮮だったもん!

圧力なべで調理とも思いましたが、今回はから揚げを思い立ちました。
から揚げ粉にまぶして油で揚げるだけで超簡単。

頭を落としてその時なるべく内臓も一緒に引き出す。
その画像がこれですが、グロいので全部ぼかし。載せなければいいのに…^^;
P1060278add.JPG
親指で腹の部分に残った内臓をこすって流水できれいに洗い流します。
P1060279.JPG
から揚げ粉をまぶして、
P1060280.JPG
180度近くのてんぷら油で揚げます。
P1060281.JPG
出来上がり。
P1060282.JPG
確か31匹ありました。おいしかった。

こちらは、今夜のメインディッシュのニラレバ炒め。
長なすが一本残ってたので、無理やり入れました。
P1060283.JPG
どうしても、炒め過ぎになってしまう。炒め物の調理の腕を上げるのが今後の課題。

posted by aishida2 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 他魚調理 | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

マアジを南蛮漬けとソテーにしました

今回はマアジの調理を紹介。
アジのサイズの違いで取れる身の大きさがずいぶん変わる、調理の腕も大いに関係してますけどね。という当たり前の話を最後にします。

このごろは散歩のコースを北方向に変えてます。二ツ池の周辺まで行ったときよりも菊名方面に進路をとると、環状2号線の大倉山入口あたりに出ます。環2をしばらく新横浜方面へ歩き、大豆戸(まめど)交差点を左折して菊名駅方向に進むと、サミットストアー菊名店があります。この店はチューハイの”ハイリキ”を置いてあるので、よく買うお店。

そこで25cmくらいの中アジを1匹150円で売ってました。その日は平日だったこともあり、3枚におろしてもらって、家で刺身にしていただきましたが、とても脂があっておいしかった。

後日、アジがおいしかったので味をしめた?家内が、たぶんフジスーパーでずいぶん大きなマアジ(28cmと30cm)を買ってきてくれました。刺身にするにはちょっと?だったので、南蛮漬けをこしらえました。

これもおいしくできましたよ。
P1060084 (1).JPG

P1060087 (1).JPG

P1060089 (1).JPG

P1060092 (1).JPG

P1060099.JPG

P1060109.JPG

めずらしくズワイガニが食卓に上ります。軽くゆでなおして。
P1060085.JPG

食卓の彩が増しました!
P1060107 (1).JPG

今度は私が味をしめて?さらに後日、横浜西区の西スポーツセンサーに泳ぎに行くついでに、その近くのサミットストアーで中小アジを2匹買いました。このときは頭と内臓を落としてもらい、そのあとは自宅で調理。

これは、身が小さいので三枚におろして、中骨はていねいに取って、そのまま塩コショウをし、小麦粉をまぶして、フライパンで炒めてソテーにします。まあまあの出来でした。

P1060111.JPG

P1060112 (1).JPG

P1060115 (1).JPG

P1060118.JPG

最後に玉ねぎドレッシングを賭けます。
P1060120.JPG

あ、最初に振った話題について書き忘れそうでした。
以下の2枚はそれぞれ、中アジと中小アジのアラです。

P1060113 (1).JPG

P1060090.JPG

魚をさばくときにいつも思うんですが、もったいないですね。魚が小さいと取れる身がさらに小さくなるというのは実感します。
とはいっても、いちいちアラのお吸い物を作る手間もかけられない。
焼き魚にして、身をすべてきれいに食べてあげるのがいいのかな?とか思いながらも、いろいろと調理します。腕を上げて、できるだけ無駄のでないようにしていきたいな…。

さて、今日もまた散歩でサミットストアー菊名に行きましたが、アジの漁があまりよくなかったようで何も買いませんでした。でもこのお店は魚の種類や量が他より多く感じます。魚ファンは行ってみる価値ありかな?

もちろんその日によって当たりはずれがあるので、その点はご了承のほどを^^;
タグ:アジ調理
posted by aishida2 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アジ調理 | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

新鮮なイワシが買えると圧力鍋の登場です

近くの富士スーパーには、近場で仕入れた安価で新鮮な魚がたまに並ぶ。今回は、小田原産のマイワシ。
目がキトキトでした。(キトキトの使い方間違えたかな?)
P1050752.JPG

パッケージを外して数えると22匹。10cmから15cmぐらい。
P1050753.JPG

そのうちの一匹。新鮮さを主張してます!
P1050755.JPG

出番がずいぶんなかった小出刃包丁の登場。この前から研いでおいたもんね。
P1050768.JPG

頭と内臓を落とし、尻尾も切り落とします。
P1050757.JPG

冬場だからそんなに気にしなくてもよいんだけど、まとめて冷凍庫に保管。
P1050761.JPG

イワシは身が崩れやすいんだけど、内臓と血合いを、親指で徹底的にこそぎ落とします。
わたしは基本的に魚の生臭さが苦手。
そんな私でもおいしくお魚をいただくには、血合いをきれいにするのがコツ。尻びれも口に当たるので外します。魚に関してはケッペキ!
P1050760.JPG

22匹全部を洗い終えました。
P1050756.JPG

22匹をまな板の上に並べた。銀ぴか!こんなことはめったにしない。
P1050758.JPG

圧力鍋に、酒・みりん・砂糖、それからおろし生姜を適量。このごろはすべて目分量。あとで水も加えました。
P1050754.JPG

ひと煮たち。(この記事を書いていての感想:これじゃ味が薄かったのは当たり前か)
P1050762.JPG

イワシをなべ底に並べて
P1050763.JPG

そのあとで、ネットで調べていた情報。梅干を入れていた記事が多かったのを思い出します。
P1050765.JPG

梅干を千切って適当に鍋に投入。
P1050766.JPG

圧力鍋のふたをする。
P1050767.JPG

こちらは動画。約6分煮ましたが、動画は1分くらいの長さに編集してます。
圧力鍋の調理経験は、これで5,6回。
怖くなくなりました。ずいぶん適当に火の調節とか、時間を設定してます。


蓋の上でくるくる回るコマの動きが、何度見ても最初の猛スピードの回りすぎが怖い、そして、そのあとだんだん落ち着いてきて、なにかその動きに惹きつけられます。

火を止めてから、数分経ってから蓋を開けて、
P1050781.JPG

お皿に盛りつけます。
P1050783.JPG

ちょっと薄味でしたが、充分に煮えてました。おいしかった。新鮮だから当たり前ですよね。
魚調理の出来栄えは、素材の新鮮さで決まる!?


posted by aishida2 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 他魚調理 | 更新情報をチェックする


このサイトの記事一覧がご覧になれます。😃
ここをクリックしてどうぞ